ビジネスフォン比較ドットコム

> 基礎知識

ビジネスフォンとはなにか?

ビジネスホンとはビジネスでの使用に適した様々な機能のある電話のことです。
ビジネスに使用する際、一般電話よりもビジネスホンの方が価格を抑えることが可能となります。

一般電話との大きな違いは少ない回線で複数の番号を持つことができるということです。
一般のものとなると1台に回線が1つとなり番号も1つです。
多くの会社は使い分けとして複数の番号を持っていますが、複数の一般電話を導入するとその数だけ回線の
契約が必要になってしまいます。
なので一度に複数台使用する、お客様より多くのご連絡をいただくといった企業様は一般電話よりもビジネ
スホンを必要とすることが多くなります。

オフィス用の電話と家庭用の電話の違いについて

ビジネスフォンの便利な機能

ビジネスフォンの便利な機能について詳しくご説明いたします。

リモートコールバック

携帯から会社の番号で発信をすることができます。
ビジネスホンの電話帳に設定した携帯から指定された会社の回線にワンコールで切ると、会社 から自動的に
コールバックが入ります。そのコールバックに応答し、掛けたい人の番号を入力すると、会社の番号で電話
をかけることができるのです。会社の料金で通話ができるので携帯の料金の削減にも役立ちます。

お待たせメッセージ

着信があってから一定時間内に応答がない場合に、かけてきた相手に対してあらかじめ設定していたメッセ
ージを流すことができます。大事な電話の取りこぼしを防ぐことができます。

外線手動転送

会社にかかってきた電話を前もって登録しておいた担当者の携帯や外出先の番号へ即座に転送することがで
きます。これにより、外回りをしている社員宛てに社内に着信があった場合、相手を待たせてしまうことが
なくなります。また、転送は手動だけでなく自動にでも設定できます。

通話モニター

通話中のビジネスフォンの通話内容を、別のビジネスホンからモニタリングすることができます。あくまで
モニタするだけであり、通話には参加でません。モニタリングしているビジネスホンからの音声はカットさ
れており相手には聞こえません。なのでクレームへの対応や新人への教育など、さまざまな活用法がありま
す。

携帯ブラウザ連携機能

携帯を介してビジネスホン内の電話帳データを検索し、発信することができます。携帯にはお客様の電話帳
の登録を行う必要がないため、万が一の紛失があった場合でも情報漏えいのリスクを減らすことができます。

IVR

事前に指定した外線に電話がかかってきた場合に、内線番号などの音声案内を流して応答することができ
ます。階層を分けることもできるので、担当部門が細かく分かれている場合でも、自動音声でお客様をご
案内できます。

会議通話

ビジネスフォンを通して、他のビジネスフォンと音声による会議をすることができます。簡単な話し合いで
あればその場で行えるため、出張費などを削減できます。

セキュリティ

夜間などの無人のオフィスに不審者が侵入した場合に、ビジネスホンが自動的に大音量の警報や電話機LED
ランプによって威嚇することができます。同時に登録してある通報先へ異常を即座に知らせることもできま
す。ネットワークカメラでの画像監視や外出先の電話から音声で威嚇することも可能です。

緊急地震速報対応

地震が発生した際に、速やかにビジネスホンから表示とランプ、音でお知らせすることができます。気象庁
から配信される緊急地震速報(高度利用者向け緊急地震速報)に対応しています。

このページの一番上へ
掲載企業募集中