ビジネスフォン比較ドットコム

> 様々なメリット

> オフィス用電話機と家庭用電話機の違い

リースのメリット

リースとは、お客様が購入するビジネスフォンに対して、リース会社がお客様に代わってビジネスホンを購
入し、お客様がリース会社にリース料を支払うことによってビジネスフォンを借りる契約のことです。

1.資金の効率的運用

一度に多額の購入資金が不要となります。リースの場合は月々一定のリース料のお支払いのみで済むので、
購入による資金の固定化を防ぎ運転資金を留保できると同時に、その資金を運用して利益を生み出すこ
とができます。

2.原価意識の徹底

ビジネスフォンを導入するにいたってのコストは、リース料という形で明確に把握できますので、原価計算
が簡素化でき、同時に原価意識の徹底が可能となります。また、リース料は通常月々一定の金額ですので資
金計画がたてやすくなります。

3.リース料を経費で処理

月々のリース料は、税務上認められたリース期間であれば、全額経費として処理することができます。また、
ビジネスホンの実際の使用に応じた償却ができることになり、実質上、短期償却したのと同じことになりま
す。

4.借り入れと同じ効果

銀行から借入れる場合は借入枠や担保提供のため100%の融資を得ることは困難です。ですがリースなら銀
行に対し借入枠を留保したまま購入と同じようにビジネスフォンが使用できますので設備投資について実質
上100%借入れた場合と同じことになります。

5.陳腐化リスクの防止

ビジネスフォンといった機械設備等は現在のように技術革新の激しい時代においては、法定耐用年数と実質
経済耐用年数とに格差があり、導入した設備が陳腐化する危険性があります。リース期間は一般的に法定耐
用年数よりも短く設定できますので、常に最新鋭のビジネスホンが使用でき、技術革新にも迅速に対応でき
ます。

6.事務の効率化

ビジネスホンを購入した場合、資金調達、償却事務、諸税の申告・納付、保険の諸手続きなどいろいろなわ
ずらわしい管理事務処理が発生してしまいます。リースならばリース会社がこれらの事務一切をお引き受け
いたしますので、事務の合理化・効率化を図ることができます。

リースのデメリット

1.購入よりも割高

リース料には、ビジネスフォンの購入代金のほかに付随費用やリース会社の利益が含まれていますので、リー
ス支払い総額は、購入の場合よりも割高となっております。

2.リース期間満了まで中途解約不可

原則的にリース期間満了まで中途解約はできません。どうしても解約の必要がある場合には、リース会社所
定の解約金および物件の返却が必要となります。

3.リース期間満了後も買取は不可

リース物件の所有権は常にリース会社にありますので、リース期間満了後に買い取ることはできません。

このページの一番上へ
掲載企業募集中