ビジネスフォン比較ドットコム

> 様々なメリット

> レンタルのメリットデメリット

レンタルのメリット

レンタルとは、月々のレンタル料のお支払いでビジネスフォンをご利用できるというものです。

1.資金を抑えて導入

設備投資をする際には、購入ですと多額の資金が必要です。月々の使用料で済むレンタル契約なら、投資資
金の他での効果的な運用が可能です。

2.コスト管理が容易

コストは月々のレンタル料のみですので、面倒な減価償却費・利息・固定資産税・保険料などの財務・経理
面での事務負担が不要であり簡単にビジネスフォンを導入できます。

3.会計、税務上のメリットを享受可能

レンタルは会計・税務的側面からもお客様を支援いたします。ビジネスフォンの所有権はレンタル会社に帰
属し、お客様は使用収益の対価としてレンタル料を支払います。レンタル取引の課税上の取り扱いですが、
税法における賃貸借取引に区分され、原則としては支払ったレンタル料の全額を費用として計上することが
可能となっています。

4.短期間の設置

決められた日にちで使用できるので、仮設事務所やイベント会場などの期間が決まっている場所への設置が
とても便利で経済的です。その他にも、リース契約の難しい外国法人企業様や、リース審査の通りにくいお
客様のご利用にも 最適となっております。

レンタルのデメリット

1.レンタル会社が所有している機種からの選択

レンタルの場合は基本的にレンタル会社が所有しているビジネスフォンの中から選択するということになり
ます。ですので中古のビジネスフォンとなることが多くなります。

2.期間によってはリースよりも割高

レンタルの特性上、期間によってはレンタル価格がリース契約価格を上回る割高となってしまうことがあり
ます。ですのでお客様によってはリース契約や購入のほうがおすすめな場合もあります。

このページの一番上へ
掲載企業募集中